MACHUPICCHU.CENTER logo


マチュピチュでやるべきトップ5のこと
(マチュピチュを訪れる以外にも!)

マチュピチュはほとんどの人にとって一生に一度は訪れたい場所であり、毎年なんと 200 万人を超える人々がこの世界遺産を訪れます。しかし、ほとんどの人は要塞に直行し、マチュピチュへの出発点であるアグアス カリエンテス (マチュピチュ プエブロとも呼ばれる) の町でできる他の素晴らしいアクティビティを見逃してしまいます。マチュピチュを訪れる以外に、マチュピチュでできるトップ 5 のアクティビティを数時間余分に体験しましょう。



1. マヌエル・チャベス・バルーン博物館を訪ねる

machu picchu museum

マチュピチュ博物館は、マヌエル・チャベス・バロン遺跡博物館(同名の有名な考古学者にちなんで名付けられました)としても知られ、マチュピチュの町から約2.2キロ(徒歩30分)のプエンテ・ルイナスにあります。マチュピチュ城塞自体を訪れる以外にも、この博物館はマチュピチュ滞在中に訪れるのに最適な場所の1つであり、城塞では得られないこれらの遺跡の歴史と重要性を本当に理解することができます。

博物館は、インタラクティブでカラフルな展示のある一連の部屋で構成されており、農業のための微気候を作り出すために印象的な石のテラスをどのように建設したか、インカ人にとって重要な神聖な要素であった太陽光を最大限に得るためにすべての建物がどのように設計されたかなど、マチュピチュに関する多くの興味深い事実が紹介されています。

この博物館には、1913 年 4 月に発行された、ハイラム ビンガムのマチュピチュ発見を特集したナショナル ジオグラフィック誌のオリジナルや、ハイラム ビンガムのチームが 18 か月間に限り遺物を分析のためにイェール大学に持ち込むことを許可したペルー政府からの手紙のコピーなど、素晴らしい遺物がいくつか展示されています。これらの遺物は最終的に 2011 年にペルーに返還されました。

ほとんどの展示はスペイン語と英語の両方で行われていますが、一部の写真と文字はスペイン語のみです。博物館のセルフガイドツアーは、どのくらい読みたいかにもよりますが、1~1.5時間かかります。チケットデスクでビデオルームにあるマチュピチュに関するビデオを再生してもらうこともできます。

博物館の隣には、マチュピチュ遺跡を代表する 402 種の植物 (ランの品種も含む) が植えられた植物園があります。植物園へは、岩壁に埋め込まれた急なインカの階段を下って行きます。

これは、マチュピチュについてさらに詳しく知りたい訪問者にとって、絶対にやらなければならないアクティビティです。

行き方: 博物館は歩行者天国のアグアス カリエンテスから徒歩 30 分のところにあります。マチュピチュ行きのバスと同じ道を進みます。橋を渡ると、博物館は右側にあります。


2. 子供たちを蝶の家に連れて行こう

butterfly house machu picchu

この荒廃した蝶の養殖場には、訪れるたびに私たちを魅了する何かがあります。マチュピチュの地元住民レオナルドが経営し、観光客の足が届かない場所にあるこの蝶の養殖場は、子供たちを連れて行って蝶のライフサイクルや、マチュピチュで見られる 8 種類の蝶を保護することの重要性を教えるのに最適な場所です。

バタフライ ファームは、マヌエル チャベス バロン博物館に向かう道沿い、市営キャンプ場のすぐ手前、マチュピチュ プエブロから徒歩 20 分の場所にあります。決して高級で超洗練された観光施設ではありませんが、地元のプロジェクトを支援し、旅行中によく通る道を外れることは重要だと考え、少し変わったものをお探しの方のためにこの保護プロジェクトを含めることにしました。

マチュピチュの地元住民レオナルド・セラノ・グティエレスがボランティアの協力を得て運営するこのプロジェクトは、この地域で見られる8種の蝶を調査し、保護するために立ち上げられました。蝶の繁殖プログラムが実施され、成熟した蝶は自然に戻され、地元の蝶の個体数が増加します。

このプロジェクトは明らかに資金不足で、みすぼらしくて非常に基本的な解説センターしかありませんが、訪問の最大の目的は、幼虫から蝶まで、さまざまな繁殖段階の蝶を間近で見ることです。蝶がどこから来るのかを直接見たり、暗い色の蝶が太陽を引き寄せて体温を上げるために暗い色になっているなど、興味深い事実を学んだりする子供たちにとって、特に魅力的な自然の授業になります。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • 蝶は午前中に活発になる傾向があるため、午前 8 時から 11 時の間に訪れるのが最適です。
  • 訪れるのに最適な時期は4月から9月です。雨季(12月から3月)の間は蝶が隠れ場所を探すため、見えにくくなります。

行き方: 農場はアグアス カリエンテスから徒歩 25 分です。マチュピチュ行きのバスと同じ道を進みます。農場は橋に着く前の右側にあります。

r

3. マンドール庭園と滝を訪れる

mandor gardens and waterfalls

アグアス カリエンテスから 40 分ほどゆっくり歩くと、この小さなオアシスに到着します。熱帯雨林を散策したり、ピクニックをしたり、涼しい滝で泳いだりして楽しめます。

行き方: アグアス カリエンテスから線路に沿って進みます。マンドールは町から徒歩 40 分で、線路沿いに標識があります (暑くなるので帽子、水、日焼け止めを持参してください。また、蚊がいる可能性があるため虫除けもお忘れなく)。

4. コカルマヨ温泉

cocalmayo hotspring

アグアス カリエンテスの混雑した温泉は忘れて、近くのサンタ テレサの町に日帰り旅行に行き、透き通った温泉のプールで入浴しましょう。

これらの天然温泉はそれぞれ温度が異なるため、ハイキングの後の筋肉痛を和らげるのに最適です。また、この温泉は、轟音を立てて流れるビルカノタ川のすぐそばという素晴らしいロケーションです。温泉は 24 時間営業しています。星空観察がお好きなら、素晴らしい夜の体験を。そうでない場合は、朝がおすすめです。

行き方: アグアス カリエンテスからハイドロエレクトリカまでペルー鉄道に乗り (約 28 ユーロ)、そこから乗り合いタクシーに乗って温泉まで行きます。

5. 蘭園を訪れる

botanical garden

マチュピチュは雨季で、今は蘭を探すのに最適な時期です。マチュピチュは主に11月から3月にかけて咲く蘭で有名で、メンドーサ・モラ家が運営する少し荒れた蘭園ほど400種の蘭を見るのに最適な場所はありません。

マチュピチュ プエブロには植物園がいくつかありますが、私たちのお気に入りは、マンドール滝に向かう途中の線路沿いにある、メンドーサ モラ家が経営するマチュピチュ蘭園です。インカ橋と博物館のすぐ手前右側の未舗装の小道を上るか、町からマチュピチュ方面に約 25 分離れた線路沿いを進むかのどちらかの方法で行くことができますが、迷わないでください。

マチュピチュの混雑を避けるのは難しいですが、蘭園は間違いなく観光客の足が届かない場所にあります。季節や花が咲いている蘭の数にもよりますが、このセルフガイドの周回コースを 30 ~ 40 分ほど歩きましたが、他の人に会うことはありませんでした。

庭園の入り口の向かいにある、飲み物や軽食を売っている小さな木造の小屋に、この蘭園を 15 年間経営してきたユーセリオかその息子ベルナルディーノがいます。庭園は少し荒れていて、手すりはぐらぐらしていて、建築資材があちこちに捨てられていて、少し手入れが行き届いていない感じがしますが、それにもかかわらず、そのシンプルさの中に魅力があります。

訪れるのに最適な時期は、400 種のランのほとんどが開花する雨期の 12 月から 3 月です。しかし、私が訪れたときは 15 種しか開花していませんでした。それでも、ランの美しさと繊細さに驚きました。中には、小道を歩いていると見逃してしまうほど小さなものもありました。よく歩かれている観光ルートから外れて 1 時間を過ごすには良い方法です。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • ベルナルディーノが家にいる場合は、彼がサーキットを案内してくれます。そうでない場合は、彼の少しぶっきらぼうな父親がチケットデスクの後ろで数種類の蘭を見せ、その後、セルフガイドのサーキットのスタート地点まで案内してくれます。
  • r