MACHUPICCHU.CENTER logo


ペルーのリマの最高のツアーガイド

評価: 5 | 30194レビュー

ペルーの首都は、スペイン植民地時代の歴史と流行の現代都市主義が融合した魅力的な場所です。ペルー料理を楽しんだり、周辺の考古学遺跡や野生生物のホットスポットを訪れる拠点として最適な場所です。ご興味が何であれ、お客様に合った日帰りツアーやアクティビティをご用意しています。空き状況をリアルタイムで確認し、オンラインで簡単に予約して、すぐに確認を受け取ってください。ペルーのリマで最高のツアーの無料ガイドを入手してください。

ペルーのリマでやるべきことトップ10

リマで最も人気のある観光スポットトップ 10 を厳選しました。観光客として一人でリマを訪れることはお勧めしません。必ず評判の良い現地ガイドや代理店と一緒にツアーに参加してください。

rr

1. リマの歴史的なアルマス広場を訪れる

Lima historic centerアルマス広場は、マヨール広場としても知られ、リマの歴史的中心地の中心に位置し、街の植民地時代の過去を今に伝える数少ない残存地区の 1 つです。1988 年にユネスコ世界遺産に登録され、歴史的および文化的重要性が認められたこの広場は、1535 年にフランシスコ ピサロが街を建設した場所です。広場の中央には植民地時代の噴水があり、歴史的な広場の周囲にはリマの最も重要な建物がいくつか建っています。

2. リマの植民地時代の建物や邸宅を探索する

カメラを持って、広場の北側にあるペルー大統領官邸、パラシオ デ ゴビエルノへ出かけましょう。正午には、宮殿の衛兵の交代を見ることができます。南東には、ピサロの永眠の地であり、リマ初の教会の跡地に建てられたリマ大聖堂があります。さらに、大司教宮殿や市庁舎 (リマ市庁舎) など、写真撮影に最適な場所があります。どちらも、凝った彫刻が施され、見事に保存された木製のバルコニーで飾られています。リマのかつての壮麗な植民地時代の邸宅の多くは、元の所有者の家具や私物とともに、愛情を込めて保存されています。ほとんどの建物は、予約制または旅行代理店を通じてのみ一般公開されていますが、歴史愛好家 (およびインテリア デザイナー) にとっては、事前に余分に計画を立てる価値があるでしょう。見逃せないのは、アルマス広場の 1 ブロック北にあるカサ ディ アリアガです。ここはかつてピサロの征服者の 1 人であるヘロニモ デ アリアガの住居で、現在はアメリカ大陸最古の家となっています。1 ブロック北西には、監視塔を備えた 19 世紀の大邸宅、カサ デ オケンドがあります。広場のすぐ南には、美しい彫刻が施された木製のバルコニーを備えた 18 世紀の大邸宅、パラシオ トーレ タグレがあります。現在はペルー外務省の本拠地となっています。

3. サンフランシスコの修道院に驚嘆

リマには素晴らしい宗教建築が数多くありますが、サンフランシスコ修道院はその中でも最高の建物です。街の喧騒の真ん中に静かなオアシスを提供するこの修道院の部屋には、美しく保存されたバロック様式の建築、金箔の祭壇、宗教芸術作品が展示されています。膨大な宗教文書と植民地時代の雰囲気が残る修道院の図書館も見逃せません。

4. プレコロンビア時代のエロティックな陶器を見ると赤くなる

ラルコ博物館は、プレコロンビア時代の陶器を最も幅広く収蔵していますが、そのコレクションの中でも特にエロティック ギャラリーで有名です。この部屋では、あからさまにわいせつなシーンを描いた陶器が展示されており、多くの観光客が赤面しています。より本格的な歴史家にとって、この博物館は、チムー、ナスカ、ワリ、モチェなど多様な文化を網羅した、家族向けの陶器の並外れた品揃えを誇ります。また、博物館で最も人気があるミイラも収蔵しています。

5. 古代ペルーの歴史マニアになる

ペルーのプレコロンビア時代の多くの記念碑の中で最も壮大で重要なものは首都の境界外にありますが、リマにはこの国の古代文化について学びたいという欲求を刺激する博物館がたくさんあります。ペルーで最も古い博物館は、巨大なペルー国立考古学・人類学・歴史博物館で、これまで聞いたことのあるペルーの文化のすべて(そして聞いたことのない多くのもの)を網羅しています。ここでは、コトシュの交差した手の石や、チャビン・デ・ワンタルの 7 フィートの高さの彫刻が施された一枚岩、ライモンディの石碑などの遺物を見つけることができます。
リマには素晴らしい美術館もあります。最も有名なのは、エクスポシシオン公園の北端にあるリマ美術館 (MALI) です。クスケーニャ派の宗教画の素晴らしいコレクションなど、3,000 年の歴史を網羅する品々を所蔵しています。さらに南のバランコにあるリマ現代美術館 (MAC Lima) は、近代美術と現代美術に没頭するのにぴったりの場所です。アーティストに会えることもある夜のイベントにも注目してください。近くの MATE であるマリオ テスティーノ美術館も見逃せません。広々とした部屋には、ダイアナ妃の肖像画で名声を博した著名な写真家の作品が並んでいます。

6. ワカ・プクヤーナとパチャカマックの古代日干しレンガのピラミッドを探索する

ペルーの史跡を探索するのに、リマを離れる必要はありません。ワカ プクヤーナは、紀元後 300 年から 700 年の間にリマ文化によって建てられ、何百万もの日干しレンガで造られた、ミラフローレスにある巨大なピラミッドです。遺跡を見学した後 (日焼け止めをお忘れなく。日差しが強い場合があります)、遺跡内のレストラン、ワカ プクヤーナに向かい、素晴らしい (ただし高価な) 郷土料理を味わってください。
そして、街から南東にわずか 35 キロのところにあるパチャカマック遺跡は、西暦 200 年に遡る歴史を持ち、ワカ プクヤーナよりはるかに古く、マチュ ピチュと比べると実質的に古代の遺跡です。現在このあたりにある建物のほとんどは、15 世紀のインカ帝国の支配下で建てられたもので、日干しレンガ造りの寺院をかつての栄光に戻すには、少し想像力が必要です。寺院の多くは太陽の下で少し溶けてしまったように見えます。とはいえ、スペイン人が到着する前のペルーを実際に垣間見たいのであれば、ここは出発点として最適です。

7. ペルーで最もトレンディなミラフローレス地区とボヘミアンなバランコ地区を訪れる

ミラフローレスはリマで最も高級な地区の 1 つで、おしゃれなバー、スタイリッシュなレストラン、流行のディスコがひしめき合っています。ケネディ公園は地区の中心地で、人間観察や猫鑑賞に最適です。この公園には陽気な猫たちがたくさん住んでいます。そのほとんどは捨てられた猫で、現在は地元の NGO によって保護されています。ですから、ここで新しい友達が何匹かできたとしても驚かないでください。
海岸沿いの崖に向かうと、エル マレコンがあります。エル マレコンは、絵のように美しい愛の公園 (愛の公園) がある海沿いの通りで、現代彫刻、色鮮やかなモザイク、芝生の上でくつろぐ恋するカップルなどが見られます。エル マレコンを散策して素晴らしい海の景色を楽しんだり、自転車やローラーブレードをレンタルして海岸沿いのサイクリング コースを走ったりしましょう。ミラフローレスから海岸沿いに南に向かうと、小さな地区バランコに着きます。ここはリマのボヘミアン地区で、詩人、芸術家、市内のオルタナティブな人々が集まる場所です。日中に散歩すると、おしゃれなカフェや、手作りでフェアトレードの食品や工芸品を販売する数多くのフェアを通り過ぎます。そのほとんどは地元のデザイナーが作ったものか、国内各地から集められたものです。エル プエンテ デ ロス ススピロス (ため息の橋) も見逃せません。バランコの下のビーチまで曲がりくねって続く石段の上にある趣のある木製の橋です。しかし、バランコの本当の姿が見られるのは夜です。豪華な屋上テラスを備えたクラフトビール醸造所、シックなバランコ ビール カンパニーや、やや薄汚いですが、1915 年創業のボデガ ピセリに立ち寄って、本物のバランコを体験してください。

8. ペルーの最も美味しい料理と最も人気のあるカクテル、ピスコサワーを堪能しましょう

ペルーは南米で最もエキサイティングな高級レストランの本拠地として長い間認識されており、そのレストランは常に世界のベストリストに載っています。見逃せないレストランの1つは、シェフのヴィルヒリオ・マルティネスが率いるセントラルで、ペルーの土地と料理の隅々まで探求したテイスティング メニューを提供しています。ペルーと日本のフュージョン テイスティング メニュー、アラカルト、寿司料理を提供するマイドも、贅沢に食事を楽しみたい方におすすめです。一方、おそらくリマで最も有名なレストラン、アストリッド イ ガストンは、20 年以上前にオープンし、トップクラスの現代ペルー料理に関しては常に先頭を走り続けています。早めに予約して、体験にはお金がかかることを覚悟してください。財布が空っぽになるかもしれませんが、忘れられない夜になるでしょう。
ペルーで一番人気のカクテル、ピスコ サワーもお忘れなく。ピスコ、レモン ジュース、ビターズ、砂糖、卵白を混ぜて、砕いた氷の上でミキサーでかき混ぜたこのカクテルを、リマを訪れたら 1 杯か 3 杯は試さずにはいられません。このカクテルを味わうのに最も有名な場所はグラン ホテル ボリバルです。このバーのかつての常連客にはアーネスト ヘミングウェイやオーソン ウェルズもいたと言われており、巨大なドリンクは建物自体と同じくらい壮観です。シーフードがお好きなら、海から直接とれたばかりのセビーチェほどペルー料理を象徴するものはありません。首都でトップクラスのセビーチェ専門店を訪れることは、リマでやるべきことのリストの上位に載せるべきです。魚、赤玉ねぎ、唐辛子、サツマイモをレモンでマリネしたこのシンプルながら美味しい料理は、市内のほとんどのレストランで味わうことができますが、確かな品質を求めるなら、繊細な味、新鮮な食材、手頃な価格(約32ソル)で知られるPunto Azulを訪れてください。独自のリーグ(および価格帯)にあるLa Marは、高く評価されているシェフ、ガストン・アクリオが所有しており、高価ですが、北ペルーの珍味であるセビーチェ・デ・コンチャス・ネグラス(黒い貝のセビーチェ)やベジタリアンのセビーチェまでメニューに載っており、評判に恥じない料理です。本当に本格的な体験をしたいなら、アンソニー・ボーディンもファンだったレストラン、Chez Wongでランチを食べましょう。

9. サーフィンをしたり、タンデムパラグラードツアーで空を飛んだりする

ペルー北部のマンコラなどのビーチは波で有名ですが、リマのコスタ ベルデにも意外にもサーフィンに適したスポットがあります。バランコ南部のラ エラドゥーラは、パワフルなレフトブレイクと最大 4 メートルのうねりがあり、経験者しか行けない最高のビーチの 1 つとされています。ミラフローレスのワイキキは、特にコツを学べるスクールがいくつかあるため、初心者には最適です。また、ワイキキ クラブの本拠地でもあり、1920 年代に設立された世界初のサーフ クラブの 1 つです。空を見上げる機会があれば、空中の上昇気流に乗るパラグライダーを 1 機か 2 機見ることができるでしょう。リマのパラグライダーのホットスポットは、エル・マレコンのミラフローレス沿いにあるライモンディ公園です。ここでは、熟練したパラグライダーインストラクターが 10 分間のタンデム滑空を案内してくれます。どんな方法で空を飛ぶにしても、あまり曇っていない日を選んでください。そうすれば、南のバランコ方面の海岸や、はるか遠くの海まで見渡せるでしょう。

10. 光と水のショーを見る

リマの保護公園の歴史は 1920 年代後半に遡りますが、2007 年にリマ市は「魔法の水のサーキット」こと El Circuito Mágico del Agua の建設を完了しました。13 の噴水 (一部はインタラクティブ) は、特に夜間のライトアップ ショーで十分なエンターテイメントを提供します。子供たちは大喜びするでしょうが、濡れる覚悟をしてください。現金やカメラが濡れないようにビニール袋を 1 つか 2 つ持参してください。