MACHUPICCHU.CENTER logo


360°マチュピチュ列車:五感すべてを満たす体験


マチュピチュへの列車の旅は、世界でもユニークな体験です。クスコから始まって城塞に到着するまで、息を呑むような場所に囲まれていることに気づくでしょう。インカ レールでは、旅のあらゆる段階を最大限に楽しんでいただきたいと考えています。このため、新しい 360° マチュピチュ列車を発売しました。

360列車のチケットを予約する

360°マチュピチュ列車の特徴


inca rail 360 train

これらのパノラマ窓のおかげで、360°マチュピチュ列車で旅行する観光客は、偉大なインカの要塞への道を囲むアンデス山脈の細部すべてをユニークな方法で鑑賞することができます。

また、この新しい列車には、列車の中央にオープンエアの展望車両があり、乗客は外に出て、さわやかな山の空気を吸い、目の前に広がる壮大な景色に完全に浸ることができます。これらの利点により、インカ レールの新しいサービスは、ペルーで最も美しいマチュピチュ行き列車となっています。

inca rail open air carriage

さらに、観光客のニーズに合わせて、360°マチュピチュ列車では、旅行をできるだけ楽しくするためのいくつかのオプションを提供しています。

一方、各座席には独自の USB ポートがあり、乗客はそこでデバイスを充電し、思い出を永遠に残す準備をすべて整えて城塞に到着することができます。

一方、4月からは、乗客が旅行前に無料でダウンロードできるモバイルアプリケーションが提供され、列車の乗車中、各地域の歴史、文化、自然の詳細をすべて鑑賞できるようになります。

360° マチュピチュ トレインでは、マチュピチュに向かう途中でおいしいペルー料理をお楽しみいただけます。オプションの中には、季節によって変わる正午の軽食があります。これらの料理には、聖なる谷で栽培されたフルーツとハーブで作ったおいしいジュースが添えられています。

food service inca rail 360

出発地と出発時間


マチュピチュへの列車旅行を計画しているなら、列車の選択肢がいくつかあることはすでにご存知でしょう。他の列車と同様に、360° マチュピチュ列車は、ポロイ駅から 1 日 1 回、オリャンタイタンボ駅から 1 日 2 回毎日出発し、世界の不思議への玄関口であるアグアス カリエンテスまたはマチュピチュ プエブロに向かいます。

前にもお伝えしたように、城塞に到着するまでに何日かかるかによって出発駅を選ぶことが重要です。1~2日の場合はポロイから出発し、3日以上の場合はオリャンタイタンボから出発することをお勧めします。

family inca rail 360

また、1 月から 4 月の間は雨季のためポロイ駅は閉鎖されますが、この期間中はバイモーダル サービスが提供されますのでご注意ください。


360°マチュピチュ列車の座席の予約方法

マチュピチュは世界で最も訪問者が多い観光地の一つなので、列車の座席を早めに予約しておくことが重要です。

360°マチュピチュ列車の予約は現在可能で、当社のウェブサイトから行うことができます。日付、出発時刻、乗車したい駅を選択するだけです。

inca rail 360

オフシーズンの場合は少なくとも 1 か月前までに、ハイシーズンの場合は少なくとも 3 か月前までにご予約いただくことをお勧めします。

360°マチュピチュ列車の料金は1人あたり約170米ドル(往復)で、最も需要の高いシーズンには変動する場合があります。

間違いなく、この新しい列車はマチュピチュの魔法のような訪問を体験できるユニークな体験となるでしょう。