MACHUPICCHU.CENTER logo


マチュピチュへのチケット:2023年8月28日から始まる直前のチケットの入手方法を学ぶ


クスコの分散文化局(CDD)の局長、マリツァ・ローザ・カンディア氏は、2023年8月28日から、直前チケットを入手する新しい方法が導入されることを発表しました。この記事ではその方法を説明しますが、直前チケットに関するサポートについては、マチュピチュセンター( +1 865-622-4841)に問い合わせるか、マチュピチュセンターの公式ウェブサイトにアクセスすることをお勧めします。

Machu Picchu Peru (2018)

マチュピチュセンターは、マチュピチュ行きの直前チケットの入手を観光客に支援します


マチュピチュは国内外の人々が好む観光地の一つです。その景観だけでなく、歴史、建築、芸術、工学も訪問者を魅了しています。さらに、インカの要塞は国内で最も重要な記念碑の一つと考えられています。

そのため、観光客からの需要は高い。インカの聖域に毎日入場できる定員は 4,044 名で、そのうち 1,000 枚は直接購入可能で、残りは政府の公式ウェブサイトやマチュピチュ センターなどの公認代理店を通じて販売される。ほとんどの観光客は、少なくとも 1 か月前に予約しないと、チケットが売り切れてしまうだろう。

しかし、直接チケットを購入するのは困難になってきている。ここ数週間、来場者は長い行列と明らかな混乱に不快感を示している。

クスコの分権文化局(CDD)の局長、マリツァ・ローザ・カンディア氏は、観光客が1日1,000枚のチケットのうち1枚を直接入手できるよう発表された新たな実施について、さらに詳しい情報を提供した。


visitors in machu picchu

インカの城塞には4,000人以上の観光客が訪れるはずだったが、実際にはそうはならなかった。


当局は、苦情を考慮して、ウェブサイト(近日公開予定)を通じて仮想待ち行列を開始することを決定したと述べた。当局はこのようにして、混雑を避け、特に早朝からチケットを入手しようと訪れる訪問者の混雑を避けようとしている。入場料は変更なく、2023年12月31日まで有効となる。

「バーチャルキューは来週から開始されます。完全に導入されるからです。おそらく、2023年8月28日月曜日からになるでしょう。そこから観光客はマチュピチュの町で直接購入するためのチケットを予約することができます」と彼女はこのメディアに宣言した。

市民はウェブで入場を予約し、その後、直接行って支払いをしなければなりません。ポータルは午後 3 時から午後 10 時まで有効になり、翌日のチケットを予約できます。「チケットの予約は番号で行います。列に並ぶ必要はなく、時間差でスケジュールが組まれます」と彼女は付け加えました。


queue to enter machu picchu

マチュピチュには長い行列ができた


再販業者の存在?

同関係者は、定員は4,044人であるにもかかわらず、定員全員が埋まるわけではないため、チケットを転売して利益を得ようとする悪徳業者がいる可能性も否定できないと述べた。

「私たちが行っているのは、観光客は48時間前までにパスポートで予約しなければならないというものです。ただし、支払いは本人確認書類の証明とともに直接行われます。これにより、偽の転売業者を排除することができます」と彼女は説明した。

同様に、彼女は、この新しい戦略は行列を避けることを目的としており、訪問者は翌日のチケットを見つける「保証」があると主張している。カンディアは、チケットを購入するには行列に並ぶ必要があり、身分証明書を提示する必要があると説明している。

スタッフはQRコードを読み取るためのバーリーダーも持つ予定だ。一方、1000人の客に対応するには窓口が3つしかなかったため、さらに2つの窓口が設置されたと彼女は報告した。


queues machu picchu

マチュピチュ:1,000 枚のチケットのうちの 1 枚を手に入れるための手順を知っておこう | Machu Picchu.gob


容量増加

行列が仮想的なものなら、なぜ販売もオンラインで行われないのか?と尋ねると、インタビュー対象者は、住民は直接購入することを望んでいるため、販売はこの方法で継続されると指摘した。思い出されるように、一部の訪問者は夜明けから並んでいたが、チケットを入手できなかったと報告した。

一方、インカの城塞への入場能力の拡大も検討されるが、それは当局からの報告次第だ。「回路と収容能力を評価できるように小委員会が結成された。それから初めて、彼らは29日(8月)に作業計画を発表する。まだ入場能力が拡大するとは言えない」と彼女は説明する。


マチュピチュを訪れるペルー人が増える

数か月前、各地でデモが起きたため観光が停止し、文化省は要塞を一時的に閉鎖することを決定した。そのため観光客の数は減少したが、ここ数か月でマチュピチュを最も多く訪れたのはペルー人だ。

「45%から60%は国民所得で、35%から40%は外国人です。観光地に来る人は、国内の人も地元の人も増えています」と彼女は述べた。

当局者はまた、ここ数カ月はプロモーション旅行や年末パーティーのために学生が来訪しているため、増加する可能性があると述べている。

r