MACHUPICCHU.CENTER logo


クスコで最高のショッピング


クスコには、毎年 200 万人近くの観光客を満足させる土産物店や衣料品店があちこちに点在しています。どの店や市場を訪れても、販売されている商品の多くはまったく同じです。

これは、家に持ち帰る贈り物やお土産をいくつか買うのに最適ですが、熱心な買い物好きで、国を旅行するときに本物で高品質のお土産や品物を集めるのが好きな場合は、少し変わったものを提供するクスコの最高のお店のリストをチェックしてください...


タトゥー スーベニア ストア クスコ サンタ カタリナ

tatoo souvenir store

私たちは旅行中に素晴らしいお土産を買うのが大好きです。皆さんも同じだと思いますので、クスコ サンタ カタリナの Tatoo Souvenir Store をクスコのベスト ショッピング スポット カテゴリに含めることができてうれしく思います。

クスコには安価な土産物を扱う土産物店がたくさんありますが、家族や友人に持ち帰ったり、ペルー旅行の思い出として持ち帰ったりするのに、実用的で見た目も良く、帰国後に実際に使用できる高品質の土産物を見つけるのは困難です。この点で、Tatoo Souvenir Store は優れています。Tatoo はクスコとリマの両方で私たちのお気に入りのアウトドア アドベンチャー ギア ストアの 1 つであることは既にご存知でしょうが、サンタ カタリナの店舗に新しく加わったこの店舗では、旅行の思い出として高品質でデザイン性に優れた土産物を提供しています。

彼らの製品には、マチュピチュやサクサイワマンなどペルーの象徴的な観光地をデザイン的に描いたイラストが描かれたスウェットシャツ、パーカー、T シャツのほか、私たちのチームのお気に入りの「チュロ」帽子の T シャツ デザインなど、ペルー文化の伝統的な要素を現代風にアレンジしたものもあります。マグカップやステッカーなどの小さなお土産品や、バックパック用のセキュリティ ロックや日帰りハイキング用のエナジー バーなど、旅行中に必要になる緊急用アイテムも提供しています。

クスコのメイン広場からわずか 1 ブロックに位置するこの店は、立ち寄って旅行の思い出に残るデザイン性の高いお土産を買うのに非常に便利な場所です。

MCHUPICCHUセンターのおすすめ

  • ペルーの象徴的な場所のイラストが描かれた、帰国後に何度も着たくなるような T シャツやパーカーの豊富な品揃えをぜひご覧ください。
  • クスコプラザの Tatoo アドベンチャー ギア ストアとリマの Tatoo アドベンチャー ギア ストアも、アウトドア ハイキングや登山用具を購入したりレンタルしたりするのに最適な場所です。

ESMA ハンドメイド ペルー ジュエリー クスコ

esma hand made peruvian jewellery

ペルーの手作りジュエリーを扱うエスマの店に入ると、そのジュエリーを購入するのは特別なことだと感じます。それは単なる購入ではなく、小さな物をユニークで自分だけのものに変える行為なのです。

Esma の作者であるロシオと娘のダニエラは、このことをよく知っています。彼らの作品はどれも独創的で個性的であり、購入者は純粋な創造性の結晶を手に入れていることに気づくでしょう。

ロシオとダニエラは、過去 15 年間にわたり、歴史あるクスコの中心部にあるトリウンフォ通りの店舗で、独特で前衛的なジュエリー ブランドを成功裏に構築してきました。ジュエリー愛好家にとって、魅力的なディスプレイ ケースにぎっしりと並んだ店内は、きらきらと輝くモザイクのような小さな宝物でいっぱいで、思わず見とれてしまいます。

さまざまなクリエイティブ ラインがあるため、1 つの作品だけを選ぶのは非常に困難です。銅、アルパカ シルバー、ブロンズの作品のクリエイティブ ラインには、革、ジャングルの種、エナメル加工された銅、織物、水晶などの他の素材が使用され、シルバー ラインにはトパーズ、アメジスト、オーストラリア オパールなどの半貴石が使用され、最新のトレンドと顧客の好みに合っています。

この店はクスコで私たちが最も気に入っているショッピングスポットのひとつで、旅の記念品として持ち帰る美しいジュエリーを選ぶのに最適な場所です。

r

ココリソクスコ衣料品店

cocoliso cusco clothes

Calle Palacio のパティオにひっそりと佇む Cocoliso Cusco 衣料品店は、通り過ぎてしまうことはよくありますが、この小さな宝石のような店は見逃したくないものです。この店を経営しているのは、真のフランス人女性らしく常に服とファッションを愛してきたフランス系ペルー人建築家 Elise です。彼女はクスコに引っ越してきたとき、服のデザインに挑戦してみようと思い、素晴らしい Cocoliso 店をオープンしました。

写真愛好家である彼女は、シルクスクリーン印刷を使って地元の人々の写真を綿のバッグや T シャツに印刷し、地元のアンデスの伝統を現代風にアレンジすることから始めました。プーノの「カンデラリア」祭りのラマやダンサーをフィーチャーした彼女の現在のコレクションをご覧ください。

その後、エリスは他の素材を試し始め、今ではベビーアルパカで作ったセーター、ポンチョ、手袋、帽子など、独自のハンドメイドニット製品を展示しています。彼女のデザインの品質は向上し続けています。エリスは自分でウールを選び、各作品をデザインします。その後、衣類は、オリャンタイタンボのルミラ、アンタのモレパタ、クスコのサンセバスティアン近くのキヤワタなどのコミュニティの地元の女性ニット協同組合によって手作業で製造され、全員に公正な賃金が支払われます。

Cocoliso では、オーガニックレザーとペルーの伝統的な織りのデザインを使用して倫理的に製造された素晴らしい SaKé ブランドのハンドバッグや、Lorena Pestana による豪華なジュエリーも取り揃えており、Elise 自身のヴィンテージ作品もいくつか展示されています。

ここはクスコで数少ない店のひとつで、すべての品物が高品質の地元アンデスの素材で作られており、クスコの他の店よりもエッジの効いたファッショナブルなデザインになっています。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • ショッピングセラピーを終えたら、パティオを渡って、エリセスの夫トマスが経営するココリソ カフェに行き、クスコで最高のホットチョコレートを味わいましょう...
  • エリスは、長女の誕生にインスピレーションを得て、最近、赤ちゃん用の素敵なベビーアルパカニットウェアのシリーズも開発しました。贈り物にぴったりの素敵なベビーポンチョをお見逃しなく!

テイター ベラ セラミックス クスコ

tater vera ceramics

タター・ベラはクスコ出身で、芸術と骨董品をこよなく愛する家族の出身です。この小さな宝石のような陶器店は、サン・ブラスのスイトゥカトゥ通りにあり、高品質の陶器がお好きなら、ぜひ訪れる価値があります。

タター・ベラは、15世紀にスペイン人が到着して以来クスコで伝統的に行われてきた釉薬をかけた陶器の技法を専門としています。1950年にクスコで発生した地震の後、ほとんどの陶工が工房を失い、店を閉めました。プラスチックや金属などの安価な材料が市場に登場したため、もはや事業として成り立たなくなっていました。タターは1990年に陶器に興味を持ち、この失われた芸術を絶滅から救うというビジョンを持って釉薬をかけた陶器の技法の研究を始めました。

こうして陶芸との恋が始まり、クスコの美術学校で 10 年間学び、独自の作品の作り方を学びました。テイターはもともと、伝統的なシンボルやイメージを使って、花瓶、壺、皿など、伝統的な植民地時代の陶器のレプリカを作ることから始めました。彼の作品はゆっくりと進化し、常に伝統的な技法をベースにしながらも、より明るい色彩や新しい形やフォルムなど、より現代的なひねりが加えられています。

テイターは、2014 年のユネスコ手工芸優秀賞をはじめ、数々の賞を受賞しており、アーティストとして非常に親しみやすい人物です。最近テイターを訪ねたとき、私たちは年配の男性、おそらくはもっと年配の男性を期待していましたが、50 歳の元気で遊び心のある男性が笑顔で私たちを迎えてくれたので、うれしい驚きでした。

テイターは、2014 年のユネスコ手工芸優秀賞をはじめ、数々の賞を受賞しており、アーティストとして非常に親しみやすい人物です。最近テイターを訪ねたとき、私たちは年配の男性、おそらくはもっと年配の男性を期待していましたが、50 歳の元気で遊び心のある男性が笑顔で私たちを迎えてくれたので、うれしい驚きでした。

彼の最も人気のある作品には、「Toros Cusqueños」またはクスコの雄牛、雌鶏のシリーズ、そしてスーツケースに入れて持ち帰ることができるカラフルな皿やボウルのコレクションがあります。彼はまた、豪華なホテル、パラシオ ナザレナスやパラシオ デル インカに展示されている、大きな壷、キリスト降誕の場面、花瓶など、見事な大型作品も制作しています。

同じ作品は二つとなく、すべての作品は純粋に先祖伝来の技法を用いて完全に手作業で作られています。テイター氏は、ラクチの町の女性陶工グループや美術学校の学生と協力し、これらの伝統的な陶芸技法の指導と普及に取り組んでいます。彼はサン セバスティアン地区のスタジオへの訪問者を歓迎し、喜んで自身の物語と情熱を訪問者に伝えています。

旅行の思い出に美しくユニークな記念品を買いたいなら、ぜひ訪れる価値があります。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • 彼らは商品を国際的に発送するので、大きな作品に惚れ込んでしまった場合、安全に自宅に届くようにしてくれます。
  • 時間に余裕があり、本格的な陶芸愛好家であれば、クスコのサンセバスチャン地区にある工房を訪れる価値は間違いなくあります。予約するには、(+51) 84 506 228 までお電話ください。

タトゥーアドベンチャーギアストアクスコプラザ

tatoo adventure gear

クスコは、登山、サイクリング、ハイキングに最適な、目もくらむような山頂となだらかな谷があるアウトドア愛好家の楽園です。しかし、もし大切な装備を家に忘れてしまったらどうしますか? 一番暖かいフリースや、とても大切なカラビナ クリップを忘れてしまったら? 絶望しないでください。私たちは、Tatoo Adventure Gear ストアを「クスコのベスト ショップ」のカテゴリに追加できることを嬉しく思っています。

ご存知のとおり、クスコにはアウトドア ウェアやハイキング ギアの模造品を販売したりレンタルしたりする店がたくさんありますが、騙されないでください。標高 4,000 メートルを超えるアンデス山脈でキャンプをするときには、寒さや風、雨を寄せ付けないために本物のものを買っておいてよかったと思うはずです。

Tatoo Adventure Gear は、デイパックやフリースなどの基本的なものから、浄水器、キャンプ用品、登山用品などのより技術的なものまで、あらゆるアウトドア用品を揃える頼りになる店です。Marmot、Osprey、Rab、Buff、Lowe Alpine、Salmon、そして Tatoo ブランドの最高の国際ブランドのみを取り扱っています。Tatoo ストアでは、衣類、Nalgene の飲料ボトル、ステンレス スチールのコーヒー ポット、蚊帳からカラビナ、クイックドロー、ハーネス、その他あらゆるものまで、あらゆるものが見つかります。

自宅から大きなアウトドア アドベンチャー ギアを運ぶのが面倒な場合は、Tatoo Cusco Plaza が市内でも最高のギア レンタル サービスも提供しています。すべてのギアは非常によく整備されており、バックパックやテントからテクニカル クライミング ギアまですべて揃っています。

スタッフは全員アウトドア愛好家で、自由時間にはアンデス山脈でサイクリングやハイキングを楽しんでいます。そのため、お客様に最適なギアについて専門的な指導やアドバイスを提供できます。ここは間違いなくクスコで最高のアドベンチャー ギア ストアの 1 つで、一般的なアウトドア用品から技術的なアウトドア用品まで、豊富な品揃えを誇ります。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • クスコでは偽物のアウトドア ウェアが一般的ですので、騙されないでください。Tatoo は、オリジナル ブランドと製品のみを保証します。アンデスの高地で厳しい自然の中で過ごすとき、品質の高いギアが大きな違いを生むと私たちは言います。
  • インカ トレイルに最適なハイキング ブーツをお探しの旅行者の皆さんのために、Tatoo の幅広いハイキング ブーツのラインナップをチェックしてください。
  • Tatoo はサンタカタリナ広場に素晴らしい土産物店も構えており、クスコ旅行の思い出となる上質な土産物を販売しています。

クスコのポマタイラ織物店

pomataylla textile store

ペルーは、国中の男性と女性が主に手作業で生産する手工芸品の質と多様性で知られています。アヤクチョは、陶器、レタブロ(祭壇画)、フィリグリージュエリー、織物など、色鮮やかで高品質の工芸品の生産で有名です。

ペルーを訪れる旅行者のほとんどは、アヤクーチョを訪れてこの地域の工芸品を発見する時間がありません。これが、ダイアナ・ポマタイラが店を開き、アヤクーチョの最高の品をインカの都市クスコに持ち込んで世界中の旅行者と共有しようと考えたきっかけです。

ダイアナの父マルセリーノは、50 年以上前にこの仕事を始めた熟練したアヤクチョの織工です。現在はアヤクチョでスタジオを経営し、地元の女性たちと協力して、現代的なタッチの伝統的な織物や、地元の人々の色鮮やかな衣服や性格を反映した美しい刺繍の生地を作っています。

ラマや幾何学模様など、インカ以前のワリ文化の伝統的なシンボルを織り込んだ立体的な壁掛けが、市場で見かけるものとは少し違ったモダンな色彩で作られ、お持ち帰りいただけます。カラフルな刺繍のクッション、テーブルランナー、財布、ベルトは、鳥や花が鮮やかに刺繍されたコロニアル スタイルです。

r

ダイアナでは、アリスティデス氏による天使の陶器シリーズや、アラウホ氏による鮮やかなブリキの燭台など、アヤクーチョの最も優れた有名アーティストの作品も取り揃えています。

色鮮やかな祭壇画、いわゆる「レタブロ」もアヤクーチョのもので、もともとはスペインの征服者たちが聖人を崇拝するために持ち運びできる小さな祭壇を好んでいたためにこの国に持ち込んだものです。この習慣は進化し、今では闘牛や地元の祭りなど、文化の典型的な要素を表現した色鮮やかな木彫りの祭壇画が見られます。

アヤクーチョ地方の手工芸品を専門とするこの店は、最近ではクスコの他の場所では見かけないような、高品質のベビーアルパカのショールやスカーフ、アルパカの毛皮で縁取られた革製ハンドバッグの素敵な品揃えも追加しました。

高品質の伝統工芸品がぎっしり詰まったカラフルなお店です。ペルーの別の地域を感じてみたい方や、家に持ち帰る素敵なお土産を探している方には、ぜひ立ち寄っていただきたい場所です。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • Pomataylla は、Calle Triunfo の Cicciolina レストランの真下にある屋内パティオにありますが、すぐ近くの Calle Palacio にも別の入り口があります。

アルパカインターナショナル ベビーアルパカ衣料品店 クスコ

alpaca internaional baby alpaca clothing

クスコに少しでも滞在したことがある人なら、アルパカの衣類が豊富にあることはご存知でしょうが、家に帰ってから実際に着られるような高品質でオリジナルなデザインのものを見つけるのは、少し難しいのです。

アルパカ インターナショナルはクスコの中心にある小さな地元経営のブティックで、私たちは最近この店に惚れ込んでしまいました。サンタ カタリナ アンゴスタ通りの店先は、外から見ると大したことがないので、通り過ぎてしまうこともよくあります。でも騙されないでください。アルパカ インターナショナルの作品の本当の魅力は、さまざまなスタイルでいっぱいの店内を見て回り、店員がさまざまなコレクションを取り出し、それがとてもよく似合い、何よりもユニークで特別なデザインであるときに初めて明らかになります。

名前の通り、アルパカインターナショナルは最高品質のベビーアルパカを専門に扱っています。ペルー出身のジア・ボッカシオさんは、9歳の時に初めてアルパカを見た時に、このアンデスの神話上の動物に初めて感銘を受けました。この出会いがきっかけで、ジアさんはペルーでアルパカウールを使ったユニークな作品をデザインし、米国に輸出しています。

アルパカは何千年もの間アンデス文明の象徴であり、「アンデスの黄金」とも呼ばれています。Zia のデザインには、100% 純粋なベビーアルパカのみを使用しています。ベビーアルパカは贅沢な天然繊維で、羊毛の 8 倍の暖かさがあり、シルクのように柔らかく光沢のある感触で、寒いときには暖かく、暖かいときには通気性に優れています。

現在米国を拠点とするジアさんは、ペルーの伝統を誇りにし、アルパカのデザインを通じてペルーの文化と織物の伝統を広め、「2014 年アメリカで成功したペルー人ビジネスウーマン」など、さまざまな賞を受賞しています。ペルーでの事業は妹のリジアさんが管理しており、クスコ アルパカ インターナショナルの店舗で顧客に直接販売している姿をよく見かけます。

アルパカインターナショナルにはオリジナルデザインが多数ありますが、私たちのお気に入りは、万能なフリーダカーディガン、市場で入手できる最も柔らかいベビーアルパカで作られたスリケープ、そしてデザイナーのインティワラと共同でデザインされ、アルパカインターナショナルでのみ販売されているインタルシアシリーズです。また、すべてのポンチョと、シルクの花柄が手作業で装飾されたベビーアルパカのひざ掛けも気に入りました。

作品は街中の市場で売られているものより少し高価で、30 歳以上の年齢層向けです。これらは、家に帰ってから着ることができ、クスコでの素敵な思い出として残せる、素敵なオリジナルで価値のある作品です。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • ご購入の際には、無料のベビーアルパカ指人形または人形をお忘れなくお受け取りください。店内で、Best of Peru Travel から Alpaca International について聞いたと伝えてください。

アワナ ワシンチス ペルー テキスタイル クスコ

awana wasinchis peruvian textiles

クスコでは、さまざまな「伝統的なペルー」のお土産を売っている店を通り過ぎずに 50 メートル以上歩くのは、ほとんど不可能なことです。数日もすれば、どこでも同じものが売られているのを見て飽きてしまうのは当然です。また、ペルーで売られている手工芸品の大部分が実際にはボリビアで工業的に作られていることを知るとがっかりします。そのため、Awana Wasinchis Peruvian Textiles Cusco に偶然出くわしたのは、とてもうれしいことでした。

アワナ ワシンキスは、ペルーの織物を専門とするクスコのボンボンおよびピトゥキスカ地域の 250 人以上の織工で構成される非公式のフェアトレード協同組合です。彼らは、美しい伝統的なアンデスの織物を観光客に販売することで、クスコ周辺の山岳地帯に住む極貧の先住民コミュニティの生活水準を向上させることを目指しています。

クスコには織物やさまざまな繊維製品が豊富にありますが、アワナ ワシンチスで見つけたものは、これまで見た中で最も質が高く、種類も豊富です。色は素朴でありながら明るく、織り方もきついもの (織りに時間がかかるため、きついものは高価) からゆるいものまでさまざまです。どうやら、ゆるい織りは地域の年配の女性たちが織っているようです。指が器用でなく、目が弱いため、織り目はそれほど細かくありません。それでも、クスコ周辺で見られる織物の多くよりも細かいです。さらに、織物で得られるわずかな収入だけで生活している「マミタ」を支援するという考えも気に入っています。

母と息子のチーム、ラファエルとモデスタは、これらのコミュニティを支援するために店を開き、プロジェクトに非常に熱心に取り組んでいます。立ち寄れば、さまざまなコミュニティ、アンデスの織物の文化的重要性、織物の作り方などについて説明してくれます。(コミュニティでは、染料がにじまないように、2~3か月間保存した尿を天然染料と混ぜていることをご存知ですか? 心配しないでください。販売前に洗浄されます。)

ちなみに、ラファエルとモデスタはまだ会員費を払う余裕がないため、正式なフェアトレード認証を取得していませんが、織物1点あたりの費用の80%が織り手に戻されるのでご安心ください。作品はウールとベビーアルパカで作られており、バッグ、ポンチョ、スカーフ、ショール、ブランケットなどがあり、それぞれの作品には織り手の名前と出身コミュニティの名前が個別に付けられています。

マチュピチュセンターのおすすめ:

  • Awana Wasinchis は、混乱した組織でクスコで最も魅力的な店ではないことは確かですが、入り口の手書きの看板や商品の乱雑な陳列に騙されないでください。ここはまさに宝石のような場所です。ここは「本物の」ペルーの織物を買うのに最適な場所で、利益はすべて素晴らしい目的に使われます。

クスコ伝統織物センター

traditional textiles

クスコ伝統織物センターは、アベニーダ デル ソルにある非営利団体で、アンデスのこの地域で急速に消滅しつつあった織物の伝統を保存し保護するために 1996 年に設立されました。センターはクスコ近郊の 9 つの先住民ケチュア族コミュニティ (チャワイティレ コミュニティを含む) と協力し、先祖伝来の織物技術を保存し、生活水準を向上させ、文化と伝統を尊重できるよう支援しています。

センター自体には、織物に関する詳細な情報や展示品を備えた興味深い館内博物館があります。現在開催中の「織物の暮らし」と題した展示では、この地域の地元の人々の人生のさまざまな段階における織物のさまざまな役割を紹介し、地元の織物文化への素晴らしい洞察を提供しています。

さらに、センターにはさまざまなコミュニティの織工が集まっており、訪問者はクスコを離れることなく織物が作られる様子を見たり、織工に工程について質問したりすることができます。センターでは、バッグ、スカーフ、ポンチョ、ひざ掛け、テーブルクロス、装飾品など、非常に質の高い織物が幅広く販売されており、30 分ほど時間があれば、ぜひ訪れる価値があります。